脂肪注入の豊胸手術ってどう?人気の秘密や費用相場をご紹介

脂肪注入の豊胸手術ってどう?人気の秘密や費用相場をご紹介

胸を大きくしたいけれど、シリコンや食塩水のバッグを入れるのは何となく怖い・・・

こんな不安を抱えている方も多いと思います。

自分の身体の中に異物を入れるのはちょっと抵抗がありますよね。

そんなあなたにおすすめなのが脂肪注入豊胸手術です。

脂肪注入豊胸手術は脂肪の多いお腹や太ももから脂肪を吸収して胸に注入する方法です。

自分の脂肪を使用するので、仕上がりや触れたときに自然なため人気の手術方法となります。

そこで、ここでは脂肪注入の豊胸手術について特徴や費用、どんな方におすすめなのかご紹介します。

ちなみに豊胸についての詳しい情報は私もこのサイトを参考に勉強しましたので、よろしければ先に確認してみてくださいね。

脂肪注入豊胸手術のメリット

  • 形や触り心地が自然
  • 豊胸と脂肪吸引が同時に出来て一石二鳥
  • 切らないので傷跡が残らない
  • シリコンバッグや食塩水と違い自分の脂肪なので拒否反応を起こさない

脂肪注入豊胸手術のデメリット

  • 胸と脂肪吸引した箇所の内出血や腫れが引くまで露出が出来ない
  • シコリが出来る可能性がある
  • 注入した脂肪は全て定着しない
  • 脂肪が少ない方は手術が出来ない

脂肪注入豊胸手術の特徴

脂肪注入の豊胸手術はご自身の脂肪を吸引して胸に入れる手術になります。
ご自身の脂肪を入れるのでナチュラルな胸と変わらない柔らかさと形を手に入れることが出来ます。

バストアップとシェイプアップが同時に出来る夢のような手術ですが、気になる点もあります。

注入した脂肪は全て胸に残る訳ではなく、約30%〜50%の脂肪は定着せずに流れてしまいます。
その為、仕上がりの形を予想出来ませんので、大きくなっても2カップ程と思っておいた
方が良いです。
また、脂肪に老化した細胞や不純物が多いとシコリが出来てしまうことも。

脂肪を吸引しなくてはいけないので、痩せている方は脂肪吸引の豊胸を受けられない場合があります。

このように、気になる点もございますが最もバレない豊胸手術なので人気が高いです。

脂肪注入豊胸手術がバレないポイント

豊胸手術の中で最もバレにくい脂肪注入ですが、バレない理由は二つあります。

1、傷跡が残らない
注射器を使用して脂肪を注入する為、メスを使用しないので切開の傷跡が残らないです。
メスを使うシリコンバッグの場合、5センチ程の傷跡が残ってしまうのでそこから豊胸手術をしたことがバレてしまう可能性があります。

2、触り心地と形が自然
ご自身の脂肪を注入するので触り心地は自然です。
シリコンバッグのように”固形物”ではないので見た目も自然に仕上がります。
シリコンバッグでしたら、形は奇麗ですが人工的な胸に仕上がってしまう為、豊胸したことがバレやすくなります。

脂肪注入豊胸手術の費用

相場は70万〜100万円程になります。
脂肪を定着しやすくするため、加工や精製した場合は値段が上がります。
費用が高い為、なかなか脂肪注入の豊胸手術に踏み出せない方もいらっしゃると思いますが、
湘南美容外科の1day美バストという方法であれば、38万円と最安値で脂肪注入豊胸手術を受けることが可能です。
あまりにも安いので仕上がりが心配と思うかもしれませんが、1day美バストの口コミを見れば高評価が多いので安心です。
手術を迷ってしまう理由が値段であれば湘南美容外科の1day美バストがおすすめです。

脂肪注入豊胸手術がお勧めな人

  • 傷跡を残したくない方
  • 太ももやお腹のお肉も気になる方
  • 形よりも自然な柔らかさにこだわる人

自然な仕上がりをお望みの方は脂肪注入豊胸手術をお試しください。

公開日: